<< ゲルマニウム温浴 | TOP | 深夜のコンビニ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

クレーマー

クレーマーの対応をしました。今日。

電話対応の仕事をしています。

親切に、感じよく、わかりやすく、やさしく、をモットーに仕事をしています。

以前PCテクニカルサポートの仕事をしていたときは
クレーマー対応は まあ普通のことだったけれど(「クレーマー」ではないにしても、
クレームや はじめからイライラしている人の対応が多かった)
今の電話対応の仕事は そんなにクレームの内容は日常のようにはないです。

今日は、のらりくらりといろんな不満を言ってくるおじさんでした。

その人にとっては 本当に不満がたくさんなのでしょうけれど、
誠心誠意、と思っていても 常識的に対応できることとできないことがあると思うのです。

誠心誠意話を聞いて、良いように対応できれば、と一生懸命話をしましたけど・・・。
そして電話がやっと相手も納得、という終わり方でおわってほっとしたら、
その人は クレーマーで、いつものことだそうで、
名前までわかってる。まわりの人はみんなその人のことを知っていました。

今日私がとった電話も その人から今日3本目の電話だったそうで。

私は 何もしらなかったので ほんとに一生懸命対応した分
なんか ばからしくなりました。

自分も納得、という態度で話を終えたのに さっきはわかってもらえなかった、とまた
電話がかかってきたようで・・。

電話の対応って、意外と疲れるんです。
顔が見えない分、相手の言っていることをちゃんと聞きとろうとすることと、
私の言うことがちゃんと伝わるように、と話をすることと。

仕事してると がっくりくることなんて 多いんですけどね、
今日は、なーんだ、という気持ちで 
「さっきの私の対応はなんだったんだ??」と がっくりきました。
 
| クレーマー | 仕事 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://waraukara.jugem.jp/trackback/30
トラックバック